Musician/Staff

月本一史(TSUKIMOTO,Kazufumi)
ポルトガルギター奏者月本一史
ファド研究家

相愛大学音楽学部音楽学専攻卒
ファドに関する卒論で大学卒業後、リスボン市立ファド博物館へ留学。
ファド博物館併設ポルトガルギター育成コースにてAntónio Parreiraに師事。
また、Casa do Fado ”Velho Pateo de Sant’Ana”にて師Parreiraと共に演奏しつつ、Fado Castiço(古典ファド)を学ぶ。

帰国後、演奏活動を開始。その一方でポルトガルギターのメソッド作り、歌手と演奏家の育成、ファドに関する講演・講義にも力を入れ、2004年2月に日本初のポルトガルギター教則本を上梓。
以後も頻繁にリスボンへ通い研究を進めつつ、日本での演奏、書籍や映像教則等の執筆・制作、CDのプロデュース、M.T.E.Cとしてコンサートイベント及びポルトガル文化複合イベントのプロデュースを行っている。
また、2014年には日本初となるファドのガイドブック及びアニメーションを制作した。
現地リスボンでも「古典をこれだけ古典らしく表現できる弾き手は希少である」と評価を受けている。

2016年、ポルトガルのファド文化行政を司るリスボン市立ファド博物館より指導・メソッド構築・コンサート企画等が「日本においてファド博物館と同じ機能を果たしている」と評価され、初の海外大使として日本ファド大使に任命された。

Associação Portuguesa dos Amigos do Fado(ポルトガルファド愛好会リスボン本部)正会員。
FM徳島「酒とジャズの日々」ファド解説員
2004年より朝日カルチャーセンター京都教室・中之島教室・新宿教室にて特別講座を担当


海老原智子(EBIHARA,Tomoko)CYMERA_20150718_132307
ファド歌手

上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒

日本ファド界待望の本格派女性ファディスタ。
学生時代、上智大学ポルトガル語学科内サークル「ファド会」に所属しファドとの接点を持つ。
卒業後度々リスボンを訪れ、ファドの歌唱を学ぶとともに文化、歴史等に関しても造詣を深める。
シンプルな昔ながらのスタイルを得意としている。


 

金子しゅんのすけ711
ギター

尚美ミュージックカレッジ専門学校 ポップスコンテンポラリー学科ギター専攻卒

伴奏者としてのセッション能力が高く、ロック、ファンク、ジャズ、ラテンなどあらゆるジャンルを弾きこなす有望株。

※ファドに関する活動のマネジメントに限定した預かり契約です。
他ジャンルの演奏に関してはM.T.E.Cのマネジメント外です。